桐の箪笥
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

桐の箪笥

とあるお宅で代々伝えられてきた桐の箪笥。深みを増した桐の色に、アイアンの金物がとても馴染んでいます。
箪笥のはじまりは江戸時代後期。当時は部屋を多用途に使う住まい方のため、例えばたくさんの人が集う時にふすまを取り払うように、このような家具も移動しながら使っていたそうです。そのため、女性でも持ち運べる大きさと軽さを備え、「棒通し」と呼ばれる金物が収納されており(写真4枚目)引越しの際にはここに竿を通して運んでいたそう。フットワークは軽けれど存在感は抜群。

No.083 桐の箪笥
サイズ:W940×D420×H515
素材:木、アイアン

※配送は行っておりませんので、取りに来て頂ける方限定とさせて頂きます。
※写真では4段ですが、上下二つに分けて15000円ずつです。写真の形だと30000円になります。サイズも分割時の高さ表記です。

¥ 15,000

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。